カードローンは安心出来る借り入れである

手軽な申し込みから内緒の借り入れが出来るカードローンのサービスは、紳士的と言えるほどに安心して利用出来るようになっています。金利面も昔に比べれば低くなっているため、少しの借り入れに留めるなら利息負担もそこまで大きくはなりません。

 

しっかりと考えて使えば安心出来るといった面では、言わば利用者側にも紳士的な対応が求められるようになってきていると言えるのかもしれません。

 

借りたお金も期日通りに返済をし、トラブルなく利用を続けていれば限度額の拡大や金利の引き下げなど、実績に応じたお得なカードローン利用も出来るようになりますので、スムーズな利用を心がけてください。

 

カードローンの審査に通過するには

カードローンを契約するときには審査があります。審査とは返済能力の確認であり、返済能力がないと判断されれば融資はされません。返済能力の有無は金融会社によって異なるため、一概にこの条件を満たしていれば融資が可能とは言えないのが難しいところでしょう。

 

ただ、審査に落ちてしまう人には共通した問題があるのも事実です。例えば、カードローンは原則として20歳以上を融資対象にしているため、未成年が申し込みをしても融資は受けられません。

 

また、もちろん返済ありきで考えますので、無職や極端に収入が少ない人にも融資はできないでしょう。

 

こういった問題がない人でも、申し込みに不備があれば信用できないと認識されてしまいますので、申し込みは正確に間違いが内容に記入することが大切です。そして、現在の借り入れ状況も考慮されます。他社からの借り入れはないか、借り入れ総額は幾らか、返済の延滞や滞納はしていないかなどです。

 

他社からの借り入れで一概に融資できないというわけではないですが、借入件数や借りられ総額が大きかったりすれば新たな融資は不可能でしょう。審査の基準は一概ではないものの、落ちるということは何かしらの理由があります。まずは、その理由を考えてみましょう。

 

気になるカードローンの適用金利

借り入れを利用しようとした際に気になるのが、適用金利です。借り入れ先のほとんどで金利に幅がもたれているため、実際に借りる際の金利が分かりづらいものです。

 

初心者が陥りやすい罠も潜んでいますので、詳しく記載がされているカードローンを利用する際に適用される金利はいくら?を読んでみると良いでしょう。

 

収入証明書なしで300万円まで借りられる三井住友銀行のカードローン

三井住友銀行のカードローンの魅力は、最高で800万円という契約極度額の大きさと、極度額300万円以内であれば、収入証明書の提出を求められず申し込み手続きができることです。

 

多くの銀行は、100万円を超える場合や200万円を超える場合には源泉徴収票や納税証明書などの収入証明書類の提出を求められます。こうした書類を用意しなくていいだけでも、申し込みが気軽にできます。

 

なお、極度額は10万円以上10万円単位で設定できます。適用利率は極度額に応じて、年4.0%~14.5%の範囲で審査によって定められます。返済能力が高いと判断されるほど、低い金利が適用されます。

 

申し込みにあたっては、三井住友銀行の銀行口座は必要ありません。その分、口座開設の申し込みの手間を省いて簡便に申し込みが可能です。申し込み方法は、電話やインターネット、ローン契約機から選べます。9時~21時までの審査時間に間に合えば、最短30分で審査結果が通知されます。

 

当日中にカード発行を希望する場合には、ローン契約機に出向くことが必要です。カードを受け取れば、最寄りのATMで借り入れが可能です。三井住友銀行のATMおよび、一部の提携ATMであれば、手数料無料で借りられます。

 

他にもある300万円まで所得証明不要のカードローン

実は他の銀行でも300万円まで所得証明が不要なところがあります。有名なところでは最短即日審査対応となるオリックス銀行カードローンであり、アルバイトやパートの方でも申し込みが出来るため、人気も高いカードローンです。

 

借り換えにもおまとめにも使えるようになっている幅広い用途が魅力のため、今現在他社からの借り入れがあって金利が高いと感じている方も、オリックス銀行で借りて借り換えをすれば返済が楽になる可能性があります。